首の後ろ ニキビ

首の後ろのニキビ跡がひどい|自宅で治せる正しいうなじケア

首の後ろ・うなじのニキビ跡は肌の奥から修復

うなじのニキビ跡の治し方

 

 

首の後ろのニキビ跡を治すには?

首の後ろから背中にかけてのニキビ跡は
肌奥の真皮層が痛んでる事が原因

 

肌内部の皮膚細胞を活性化させ潤いを保ち、角質層や真皮層を生まれ変わらせる事で、ニキビ跡が早く短期間で治って行きます

 

肌奥の真皮層は自己修復能力がありません
ので洗うだけのニキビケアでは治せません。

 

首の後ろ・うなじの薄い皮膚のニキビ跡を
確実に短期間で治すには、肌奥に浸透する
薬用成分と美白成分、保湿成分が必要です。

 

こんな症状に効果的です

  • うなじのニキビ跡がずっと治らない
  • 首筋のニキビ跡が治らない
  • 炎症を起こし、目立つ赤ニキビ
  • 首の後ろのニキビにかゆみがある
  • うなじから背中にかけてのニキビ跡
  • ニキビ跡がシミのようになってる

 

朝と夜のお風呂の後にサッと首周りや背中に
塗るだけで、肌の奥まで浸透して炎症を抑え
てニキビ跡の色素を体外に排出します。

 

皮膚科の薬でも使用されるグリチルリチン酸と
美白・美肌効果に優れた水溶性プラセンタが
肌内部に水分を保ちながら色素沈着を改善。

 

 

⇒実際に使い、2ヶ月後の私の写真がコチラ

 

首の後ろのニキビ跡は薬用成分を浸透させて治す事

 

首の後ろ(うなじ)から背中にかけての
シミのような赤茶色のニキビ跡は
キレイに洗うだけのケアでは治りません。

 

シャンプー残りやボディーソープを綺麗に
洗い流しても、肌奥の真皮層のダメージは
治せないのです。問題は肌の奥ですから。

 

ニキビ跡を確実に早く治すためには、
肌奥まで浸透する薬用保湿を塗る事。
内側から治すので早く綺麗に治せます。

 

 

⇒使用前と使用後の写真を比較してみました

 

 

長年のニキビ跡や黒ずんだ色素沈着も、
美白・美肌・水分保持に優れた物を使う事で
赤茶色い色素沈着のニキビ跡だって消えます

 

ニキビ跡はキズと同じで、症状がひどい程、
真皮層へのダメージが大きく、自然に消える
事はありません。

 

皮膚科に行っても、エステに行っても、必ず
薬用成分を肌内部に浸透させる治療をします

 

 

⇒実際に使った感想・写真がコチラです

 

 

水溶性プラセンタ・コラーゲン・グリチルリチン酸でニキビ跡が消えます

 

グリチルリチン酸

 

この成分は皮膚科の薬にも使用され、
ニキビの炎症を抑える効果に優れています。
赤みを消し、アクネ菌を除去します。

 

水溶性プラセンタエキス

 

肌の奥まで浸透する微粒子の美肌保湿成分。
美白効果にも優れ、メラニンの生成を抑えて
ニキビ跡の色素沈着を早く消す事ができます

 

低分子コラーゲン

 

みずみずしい、ハリのある肌を作ります。
コラーゲンは真皮層の修復に必要不可欠。
ニキビ跡を早く治すには欠かせない成分

 

 

 

⇒実際に使って感想をまとめてみました

 

 

 

奥まで浸透するから治りが早い!

 

皮膚が薄く、色素が残りやすい首の後ろの
ニキビ跡を治すには、浸透力に優れた成分を

 

肌の奥の角質層に直接浸透させる事で
色素沈着したニキビ跡をキレイに治せます

 

ニキビ跡を治す際に大切なポイントは、

  • 炎症を抑えて、うるおいを保つ事
  • 美白成分で色素を排出する事
  • 奥まで浸透して中から治す事

 

自然に治る事ができない真皮層だからこそ
奥まで浸透してニキビやニキビ跡を治す成分
を確実に送り届ける事が大切なのです

 

 

⇒実際に使って感想をまとめてみました

 

 

首の後ろのニキビ跡はどれくらいの期間で治る?

 

ニキビ跡の症状にもよりますが、薬用保湿を
使った人の感想や口コミを見ていると、
1ヶ月〜2ヶ月でかなり治る感じです。

 

私の場合はニキビ跡がひどかったので、
完治するまでに3ヶ月かかりました。

 

早く対処すると、早く治るのがニキビケア。

 

ニキビ跡のケア方法にもよりますが、
薬用保湿を行った場合、肌の角質層にまで
浸透するので短期間で効果を実感できます。

 

早い人だと1ヶ月で目立たなくなります。

 

 

⇒2ヶ月くらいでこの状態まで治りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首の後ろ(うなじ)のニキビやニキビ跡を治すには、薬用成分を肌内部に浸透させる事が短期間で治すための方法です。首周りや背中、肩のニキビ痕は炎症が広がりやすく、赤い色素や黒い色素が定着しやすいので、初期の赤いブツブツのニキビから短期間で色素沈着のニキビ跡に発展します。首の後ろやうなじは女性も男性も発生してしまうとなかなか治りにくいのです。たまに金属アレルギーで首周りにブツブツが出来て、赤くガサガサになり、ブツブツが出来る人はニキビ跡に発展しやすい特徴があります。襟足は1年中、露出してますから、女性も男性も汚いと本当に恥ずかしいです。ニキビ跡や吹き出物といった症状はとにかく肌の炎症を抑えて、メラニン色素を抑える事で早く治す事ができます。うなじから背中にかけての綺麗に治してすべすべの状態にする事で夏だけでなくずっと綺麗で気持ちいい首周りにする事ができます。結婚式や挙式前の花嫁さんにも人気で、ウエディングドレスを着る時にうなじから背中にかけて肌を綺麗にしておく必要があります。結婚式だけではなく、キャミソールややんくトップといった首や背中を露出させる服を着る時も同様ですね。首の後ろのニキビ跡の治し方は首にきびに効果的な保湿クリームを塗る事。ニキビ跡を治すには顔ニキビの場合ですとビタミンc誘導体が有名ですが、これはあまりにも高額な為、うなじや背中、デコルテ(胸)二の腕のような広い範囲には向きません。面積があまりにも広い為、かかる費用が高すぎるのです。ニキビ跡のブツブツはTシャツやワイシャツの首元、襟足から丸見えで後ろから見られたくないと思いファンデーション等で隠す人もいます。また、ニキビ跡がボツボツになってかゆい症状が出てる場合は注意が必要です。通常、ニキビは白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、ニキビ跡、クレーターのような凸凹のニキビの段階で悪化していきますが、痒みがある場合はニキビ跡の一歩手前。こうなると、清潔にするだけでは治らないので、皮膚科やエステに行こうと考える人がいます。ただ、皮膚科の治療はかなり金額が高く、ピーリングやレーザー治療となると更に高くなります。こういった治療を受ける人達は結婚式を控えてる方、夏前に水着が着たい人など、期間が決まってる人、早く治さなければいけない人に多いようです。ニキビ跡を直すのは簡単な事ではないですし、本人の気持ちになったらコンプレックスが強く、なんとしてでも治したいという気持ちな為、エステの勧誘に引っ掛かる人も多いのです。うなじのキレイさは女性のシンボルの一つなので何としてでも早くなおしたいでしょう。そのためには乾燥を抑え、薬用保湿治療する事が一番。市販の保湿クリームではなかなか治せないのですが、ジュエルレインという背中ニキビ、体のニキビ跡専用の無添加の保湿クリームならば、短期間で早く治す事ができます。治るまでの期間は症状にもよりますが、約、1ヶ月〜3ヶ月で完治するのではないでしょうか?これはニキビ跡の原因である吹き出物の悪化が肌の奥の角質層にまで達し、真皮の部分が痛んでる証拠。うなじが汚い人の多くはこの角質層に原因があります。また首筋のニキビ跡も同じです。うなじのような首の後ろだけでなく、首の横側、首の周りもニキビ跡が出来やすい部分。ここは顔のニキビと同じ治療というか対策は困難なのです。よくネットではビタミンC誘導体の物でクレンジングをとかありますが、実際に首の横、首筋は洗顔できる様な所ではありません。一般家庭の洗面台では朝、首を洗う事は困難なのです。また、首筋までビタミンC誘導体でケアしていたら、お金が高くなり、安く治す方法とは異なります。ピーリングや誘導体などの方法は費用面において得策とは言えません。また、首の後ろから背中にかけて赤いポツポツのニキビは早く治す事が大事。デコルテなども同様ですが、ニキビ跡になって、ボコボコの状態になる前に消す努力をしないといけません。プラセンタ・コラーゲン・グリチル酸2kの薬用成分での保湿を心がけましょう。

 


首の後ろのニキビ跡を治す方法は実はいたってシンプルです。ただ、市販の薬や皮膚科の薬では難しい。首の後ろ・うなじのニキビ跡は肌の奥の角質層、「真皮」が痛んでるから色素沈着してシミ・黒ずみのようになり治りにくいのです。顔のニキビ跡と首の後ろ・うなじのニキビ跡との違いは、肌の厚さも関係してます。顔の皮膚は体の皮膚より厚く頑丈にできていますが、体の皮膚は常に洋服に覆われてる為、薄く弱いのです。さらに、首の後ろのうなじは太陽の紫外線を浴び、メラニンが角質層にたまり、ニキビ跡が出来やすい構造になってます。このような厄介な首の後ろのニキビ跡を治す際、大事な事は薬用保湿で徹底し、1日2回のスキンケアをしてあげる事。薬用保湿により、肌のターンオーバーが活性化し、角質層の奥の真皮の傷んだ部分の肌を生まれ変わらせてくれます。この薬用保湿こそ背中ニキビを治す事で有名なジュエルレインです。ジュエルレインは首の後ろだけでなく、背中、二の腕、肩のニキビを消すのに絶大な効果を発揮します。