うなじ 背中 ニキビ

うなじから背中にかけてニキビ跡が多発|皮脂分泌を正常にする事がキモ

うなじから背中にかけてのニキビ跡は皮脂詰まりが原因

うなじ、首の後ろから背中にかけて
ニキビ跡が多発し、色素沈着してる場合は
肌の奥の角質層が痛んでる事が原因。

 

角質層が痛む原因は2つ。

  • 肌の表皮が硬くなり、皮脂の分泌が正常ではない事。
  • 毛穴に皮脂が詰まり、アクネ菌が常駐がしてる事。

 

この2つの要因で、
ニキビが治らず、ニキビ跡に発展してしまうのです。

 

 

>>>角質層の内部からニキビ跡を治す

 

うなじや背中は皮脂が排出されにくい

 

うなじや背中は顔よりも皮脂線が集中してます。

また、非常に乾燥しやすく、毛穴が詰まり、
皮脂がキレイに排出されにくい部分です。

 

 

体の皮膚はゴシゴシこすったり、
下着や洋服がこすれて刺激になりやすいので
すぐに乾燥し、皮脂が詰まりやすいのです。

 

 

首の後ろから背中にかけての皮脂を排出させるには
薬用成分で保湿に徹底する事。
肌を柔らかくして、毛穴から皮脂を出やすくするのです。

 

 

 

>>>ニキビの炎症を抑えながら皮脂を排出する

 

皮脂分泌の促進とニキビの炎症を抑える事で治る速度は3倍に

 

ニキビ跡を治すには、皮脂分泌を正常にする事が大切です。
が、それだけでは色素沈着したニキビ跡は消えません。
単純に治せる土台を作っただけです。

 

 

ニキビ跡は角質層の奥の炎症を抑える事で
赤みがひき、色が抜けてキレイになっていくのです。

 

 

その為には、グリチル酸2kという成分が必要。
ターンオーバーを正常にし、
グリチル酸2kを浸透させる事で、炎症が治まり、
通常の3倍の速度でニキビ跡は消えていきます。

 

 

 

>>>これだけで劇的に治って行きました