首 ニキビ うなじ

首の後ろのニキビ跡を治す|うなじの皮膚は刺激厳禁

首の後ろ(うなじ)のニキビ跡は刺激厳禁

首の後ろや背中は皮膚が非常に薄く、
刺激に敏感な場所です。
だからニキビが治りにくいのです。

 

 

お風呂に入る時も注意が必要で、
ゴシゴシこするだけで、ニキビ部分は炎症し、
赤く腫れ、角質層にまで刺激を与えます。

 

 

ニキビ跡は角質層へのダメージが原因ですから
キレイにしようとゴシゴシ洗っても無駄。
逆に表皮の部分が厚くなり、乾燥してしまいます。

 

 

乾燥すると、角質層は水分を失い
炎症と色素沈着がさらに悪化します。

 

 

 

>>>実際にうなじのニキビ跡を治しました。

 

 

首の後ろ・うなじのニキビ跡は薬用保湿が効果的

 

首の後ろのニキビ跡を治すには
とにかく薬用保湿を徹底する事。

 

 

普通の保湿ではなく、
ニキビの炎症を抑える薬用成分配合の物。
これを塗る事で炎症を抑えながら
色素沈着したニキビ跡が一気に消えてなくなります。

 

 

プラセンタが内部まで浸透し、
グリチル酸2kでニキビの炎症を抑え
肌のターンオーバーを促進させます。

 

 

この方法でターンオーバーが活性化すると、
ニキビ跡の原因の角質層も
約1ヶ月で生まれ変わるのです。

 

 

 

>>>実際に薬用保湿を使ってみました!